ローンの一本化の注意点

ローンを一本化したいと考えている場合、まず現在の要返済額を把握する必要があります。ローンの一本化にもさまざまな手続きが必要ですが、すべてを金融機関にゆだねるわけにはいきません。複数のローン会社から借りていても返済が複雑になるだけですので、借入枠がまだ余っている会社を利用して、返せそうな会社のローンは返してとにかく数を減らすところから始めます。たくさんのローン会社を少しずつ整理していって、把握できる程度の数にまとめてから、ローンを一本化します。毎月のローン返済額が月給の約20%をこえているようであれば返済に無理がありますので、とりあえずの目安としてそこを目指しましょう。

 

ローンを一本化するのは、月々の返済を楽にし、確実に返済が進むようにするためですので、一本化して返済ができなくなっては意味がありません。一本化をする過程でローン会社に返済をし終わると、そのローン会社から新たな融資広告や案内を受け取ることがよくあります。何のためにローンを一本化しようとしているか忘れないようにしましょう。余裕が出てきているからといってそこで新たにお金を借りたりしてはいけません。そこで新たなローンを組んだりすれば、再び返済に追われることになってしまうので注意が必要です。

 

金融機関であればどこであってもローンの一本化ができるというわけではないので、そこにも注意が必要です。ローンの一本化を取り扱っている金融機関であっても、当然ながら審査が待っています。審査の結果によってはお金が借りられず、一本化が頓挫することもありえるのです。ローンを一本化することができなかったとしても、その過程で返済を楽にできる可能性もありますので、現在返済に困っている場合は一度検討してみましょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。